見せるべき美白
ホーム > 敏感肌 クレンジング > 敏感肌のクレンジングは肌に負担をかけないことが大事でしょう

敏感肌のクレンジングは肌に負担をかけないことが大事でしょう

メイクやクレンジングは肌に負担をかけるというのはよく分かります。皮膚が呼吸できない感じがしますからね。でもじゃあ、仕事をすっぴんでしていいかというと、もちろん職業にもよると思いますが、接客業なら無しかなと個人的には思います。スーツを着たり、爪を短く切ったりするように、メイクもマナーかなと思うからです。例えば漫画家さんや作家さんのように、家でひとりでする仕事、気心知れたアシスタントさんくらいにしか日頃会わないなら、すっぴんだろうと髪がぼさぼさだろうと修羅場だろうし、良いと思うんですけどね。何もなしで外を歩くのは、紫外線もありますしきついですよね。日焼け止め塗りたいですよね。でも塗ったらクレンジングしなきゃだし。


家で過ごせて、規則正しい生活ができる仕事が、一番肌にいいのかもしれません。敏感肌の人はクリエイティブな方向の技術を身につけるといいのかもしれませんね。買い物はネットでできるし、宅配も家まで引き取りに来てもらえるし、ハンドメイド作品を売るというのもいいかもしれません。宣伝するにはSNSがありますし、自分が外に出たい、家は息がつまるというのでなければ、結構いい仕事なんじゃないでしょうか。